評価額200万突破!米国ETFに投資する理由

スポンサーリンク

2018年くらいから投資している米国のETF
評価額が200万円を突破しました。含み益は今現在で35万円くらいです。米国に投資する理由

運用しているのはHDV、QQQ、SPYD、VYMの4つのみ
分配金も再投資しています。それぞれのETFの特徴や比較についてはこちら↓

【米国ETF】 SPYD VYM HDV QQQの比較まとめ
月間で15万円ほど投資しております。 最近になり、自身のポートフォリオを見直したところ、パフォーマンスを考慮し 米国ETFへの投資を加速化させております。 1年半ほど前の投資額はHDVとVYMの2銘柄のみ、50万円強の保有...

以前ポートフォリオの見直しを行った際に、日本への投資は積極的には行わないという事を書きましたが
今回は逆に米国への投資を積極的に進める理由について、自分のメモのためにも書きたいと思います。

米国への積極的に投資をする理由

人口が増え続けていること

一般的に少子高齢化により人口が減少すると、経済は停滞しやすくなると言われています。
日本ほどではありませんが、米国も出生率は減少傾向にあります。しかしこの国には移民が多いので、労働人口が確保されています。

投資家に支援的な環境が整備されていること

まず米国は投資に必要な情報がしっかり公開されているそうです(とは言え、私はそういった英語の情報までには目を通しませんが)
また株主ファーストの文化が根付いており、「会社は株主のもの」という考えが強く、米国企業にとって株主への利益還元は重要な経営問題と捉えられています。
配当性向こそ日本企業の平均30%~40%とあまりかわらないものの、配当と自社株買いを合わせたトータルでみると、日本企業の平均が 50%以下なのに対し、米国企業は最近の数年間では 100%以上となっているそうです。

イノベーションが生まれる土壌がある

ネット産業の代表各であるGAFAM(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン、マイクロソフト)は全て米国企業。他にも、ウェブ会議システムのズームや電気自動車のテスラなど。今後もイノベーションによって急成長を遂げる企業が後を絶たないと予想されます。

 

他にも、米国市場の魅力はたくさんありますが、更なる詳細についてはバフェット太郎さんのこちらの著書が分かりやすくお勧めです↓私はこれで目覚めました。

コメント