浦和美園駅のキャプテン翼ステンドグラスについて徹底調査

スポンサーリンク

レッズサポさんならもうご存じだと思います。

浦和美園駅にはキャプテン翼のステンドグラスがあります!

突如として駅構内の窓ガラスに現れた、巨大なパブリックアート

今回はこの浦和美園のランドマークの一つとなっているステンドグラスについて詳しくご紹介します^ ^

浦和美園駅キャプテン翼

 

こちらがお披露目されたのは2018年3月11日

除幕式にはキャプテン翼の生みの親である高橋陽一先生も出席し浦和美園駅にお越しになりました↓

浦和美園駅ステンドグラス除幕式 浦和美園駅ステンドグラス除幕式

この度浦和美園駅のコンコースに「キャプテン翼の巨大ステンドグラスが飾られることとなり、大変うれしく思います。この駅は言わずと知れた「埼玉スタジアム2〇〇2」の最寄り駅、浦和レッズのホームスタジアムであるとともにサッカー日本代表の試合も頻繁に行われる場所でもあります。ですので、このステンドグラスはサッカー日本代表を応援する気持ちを込めてデザインしました。

中央にkまえるのは代表ユニフォームをまとった翼達日本代表メンバー、世界一を目指す日本代表・・・しかし政界には幾多の強豪がいる・・・ということでその周りには各国の代表ユニフォームを着たライバルたちを配置しました。そのライバルたちを倒すためには努力が必要・・・ということで翼達の努力の証となるこれまでの戦いの姿をさらにその周りに配置しました。両脇の龍と虎、中央の鷲はライバル感と選手達の姿や必殺技をイメージして配置いました。

この作品がこの場所を訪れた方々の心を少しでも動かせることができれば作者としては嬉しいかぎりです。

とコメントしました。当時のコメントもこのように英訳付で飾られております↓

浦和美園駅ステンドグラス

 

埼玉高速鉄道のリリースによると

この作品は高橋陽一先生自ら原画と監修され、制作は「クレアーレ熱海ゆがわら工房」というところの職人さんが手がけられたそうです。湯河原に拠点を置き、ステンドグラスや陶板レリーフなどを手掛けるパブリックアート制作集団のようですね。

モチーフは、”世界的に大きな影響を与え続ける漫画『キャプテン翼』に登場する、大空翼とその他のキャラクター”だそうです。

作品タイトル「キャプテン翼 ~ 世界に翔(はばた)け ~」
サイズ横19.75メートル、縦1.59メートル
登場人物数99人
設置場所      改札を出たら目の前にあるのですぐわかります↓

浦和美園駅ステンドグラス設置場所

 

登場人物数99人か!?

ホントかな?と思って先日こんなツイートをしました↓

個人的にはキャプテン翼は一番最初のシリーズしか読んだことがなく(37巻までは全部読んだ)、その後のワルドユース編やらROAD TO 2002編などはあまり詳しくないのですが、wikipediaを見たりGoogleで画像検索したりして調べていきました。

3時間ほどかかりましたが、いましたね確かに99人。それと動物が3匹くらい

それにしても高橋氏の作品の特徴で、キャプテン翼には瓜二つなキャラクターが数多くいるので判別の難しい人もおり

例えば岸田猛と赤井止也とかね
岸田猛と赤井止也

その辺はフォロワーさんの意見を参考にさせてもらいながら、なんとか正解にたどり着くことができました!

不明キャラクターを解明して、誤字脱字も訂正し完成したのがこちらです↓

浦和美園駅のキャプテン翼ステンドグラス1浦和美園駅のキャプテン翼ステンドグラス2浦和美園駅のキャプテン翼ステンドグラス3

・翼くんはやっぱ主人公なんで5回登場
・メインの日本代表メンバーの中に三杉くんが入っておらず、心臓を押さえた姿が描かれているだけ(3枚目)
・日向くんや岬くんが複数回登場するのはわかる。しかし何気に佐野も2回登場してる(2枚目左端)

 

ステンドグラスお披露目の瞬間をとらえた貴重な除幕式の映像はこちら↓

コメント