浦和美園の順天堂大学病院【着工や開院について】

スポンサーリンク

浦和美園研究家camisa8です。

浦和美園は順天堂大学病院が建設されるので将来的に発展する

それを見越して浦和美園へ移住された方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私もそんな期待を胸に秘めておりましたが、実際のところこの地に来てから数年が経ちますが

病院建設予定地の風景は全く変わっておりません。

順天堂大学病院は本当にできるのか?なぜ工事は始まらないの?

浦和美園に建設予定の順天堂大学病院についてまとめてみました^ ^

順天堂大学病院 浦和美園

順天堂大学病院とは?

順天堂大学病院とは、東京都文京区にある学校法人順天堂大学が運営する医療施設です。

日本の病院ランキング2019年において第5位にランクインするほど、総合的に評価の高い国内有数の総合病院になります。

病院ランキング2019

ニューズウィーク版日本の病院ランキングTOP100 2019より引用 

 

その順天堂大学病院が浦和美園に建つ!

という計画は2015年3月に開催された埼玉県の医療審議会にて採択されました。
2015年1月31日(土) 県整備計画 順大が浦和美園に病院、日保医大は幸手で申請

しかも順天堂大学の大学院、看護学部、医学部が附属した県内最大級の病院となる予定です。

病床数は800、医師/看護師を含む全スタッフは1400人規模となり、更には放射線治療施設など、研究、教育、高度医療機能を有する無敵の病院です。

参考 医師数トップ10ランキング

病院名病床数医師数
東京女子医科大学病院13791135
東京大学医学部附属病院12171013
大阪大学医学部附属病院1086838
順天堂大学医学部附属 順天堂医院1020714
京都大学医学部附属病院1121714

 

建物は鉄筋コンクリートの9階建て、床延面積は90,000㎡となる予定です。

ちなみに埼スタの床延面積は60,867㎡です。

診療科目は合計で28、浦和美園待望の産婦人科も入っております!

総合診療科、循環器内科、消化器内科、呼吸器内科、腎・高血圧内科、膠原病・リ
ウマチ内科、血液内科、糖尿病・内分泌内科、メンタルクリニック、脳神経内科、
小児科、外科、呼吸器外科、心臓血管外科、乳腺科、小児外科、脳神経外科、整形
外科、形成外科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、産婦人科、放射線科、救
急科、麻酔科・ペインクリニック、リハビリテーション科、その他

建設費用は?

県の利用整備課によりますと、一般的に病院建設費は1床当たり5000万円と言われているそうです。

ですので800床となると概算で400億円かかる見込みとなります。

さらに大学院の建設費用を考えるとさらに必要になってきます。

ちなみに埼玉スタジアム2002の建設費用は356億円ですが、同じ街に何百億級の施設ができるって凄くないですか?

建設予定地は?

浦和美園駅から徒歩12分、北東部に位置する7.3ヘクタールの敷地です。

住所は埼玉県さいたま市緑区美園3-2になります。

順天堂大学病院建設予定地

敷地のうち1区画の3ヘクタールは民有地、2区画の4.3ヘクタールを都市再生機構(UR)が所有が所有しておりました。

さいたま市はこの土地取得費用として、金額にして63億円を計上しております。

着工と開院予定は?

当初、県が示した大学付属病院誘致の公募条件には、2018年3月までに着工することが掲げられておりました。

しかしながら開院予定は大幅に遅れており、2020年11月現在では未だ着工すらしておりません。

なぜに着工が延期となっているのか?報道によると理由は下記の通り↓

① 土地の取得に時間がかかった
② 病院の敷地内を走る道路の廃止について、県、市側との調整が難航した
③ 病院建物の延べ床面積の増加に伴い、環境アセスの必要性が生じたことにより

①土地の取得に関して、民有地の3ヘクタールの部分はもともと13人の個人地権者がおり、こちらの買収契約が難航していた模様です。

②道路の廃止を巡って県と市の調整が難航した?よく意味がわかりません。

③病床数は当初600となる予定でしたが800に増えた為、環境アセスとやらをやらなくてはいけなくなったものと思われます。

 

参考↓

順天堂大学(東京都文京区)がさいたま市緑、岩槻両区にまたがる浦和美園地域に建設する医学部付属病院の計画着工時期が、予定していた2018年3月までに間に合わず遅れることが26日の県議会代表質問で明らかになった。大学側が希望する土地利用の調整や土地の確保に時間がかかったことなどが要因。大学側は病院整備計画の変更案を近く県に提出し、3月末の医療審議会で審議する予定。大学は20年度中の開設を目指しているが、遅れる可能性も出てきた。

計画地7・3ヘクタールのうち、民有地の約3ヘクタール(1区画)は16年度末までに県が取得し、都市再生機構(UR)が所有する約4・3ヘクタール(2区画)については、さいたま市が17年6月に市議会の議決を得て取得した。

県保健医療政策課によると、3区画について大学側は一体的な活用を希望していたが、予定地内を走る道路の廃止について、県、市側との調整が難航したという。このため、予定していた3月の着工は難しくなり、大学側は近くスケジュールを見通した病院整備計画の変更案を提出する。

2018年2月27日(火)さいたま新聞より抜粋

 

県内の医療提供体制を審議する県医療審議会は28日、順天堂大学(東京都文京区)がさいたま市緑、岩槻区にまたがる浦和美園地域に建設予定の医学部付属病院について、予定していた3月までの着工を延期する計画変更を了承した。

同市の条例に基づく環境アセスメントを実施する必要性が生じたことなどが要因。県は「環境アセスには1年半から2年かかるとみられ、着工は少なくとも1年以上は遅れるのではないか」とみている。大学は2020年度中の開設を目指していたが、ずれ込む可能性が高まった。

県によると、大学側は20日に整備計画変更申請書を提出。変更理由では土地の取得や予定地内を走る道路の廃道などの調整に時間を要したほか、病院建物の延べ床面積の増加に伴い、環境アセスの必要性が生じたことにより、着工に遅れたが出たという。

病院建設の第1期工事では、さいたま市の条例で環境アセスの実施が必要となる5万平方メートルを超える延べ床面積5万3千平方メートルの病院を想定している。当初、着工を急ぐため工期を細かく分割して5万平方メートル以内に抑えるよう検討した。

しかし大学側はゆとりのある建物空間の病院づくりを求め、医療機能に支障を来さないことを優先した結果、分割ではなく、一体的な整備に変更。5万平方メートルを超えたため、環境アセスの実施が必要になったという。

大学側は建築スケジュールについて精査中としているが、今後は基本計画、設計を練り直しながら、環境アセスを実施する見通し。また、県と大学側で、整備を円滑に進めるための確認書を交わす予定という。

さいたま市の担当課は「具体的なスケジュールが見えなかったのは残念」とした上で「県の誘致に協力し、実務者レベルで実行していく立場。今後も誠意を持って当たり、具体的スケジュールが出た時点で協力の内容も見えてくるのではないか」と話している。

2018年3月29日(木)さいたま新聞より抜粋

開院予定は?

結局のところ開院予定はいつなのか?

今のところは2023年度末ということになっております。

というか本当に開院するのか?という声もささやかれておりますが、衆議院議員の村井ひでき氏が自身のブログでこのように述べておりますので、ひとまずは安心できると思います。

現状としては、いくつかの要因で当初の予定より、建設・開院が遅れているのは事実ですが、綾瀬川を挟み緑区と岩槻区にまたがる広大な建設予定地(約7ha)は、既に県・市が取得済みであり、順天堂大学病院の早期開院に向けて、県・市と病院側で詰めの交渉が進められています。

今後は、診療内容や導入する医療機器などを固めた上で、それに基づく建設計画を策定。環境アセスメントを行った上で、工事着工となるため、病院の開院までは数年はかかるのが現実です。

順天堂大学病院の浦和美園への誘致について

 

コメント

  1. ミウソンスガ より:

    ボーリングを実施した所、地盤がかなり緩くなかなか着工に踏み切れないという噂を聞きました。
    建築関係の知り合いからも食ぱん堂付近のアパートを建築中に地盤が緩い影響で建物が傾いたという事を聞きました。その点の影響が着工が遅れてる原因かもしれませんね。

    • camisa8camisa8 より:

      >ミウソンスガさま
      情報ありがとうございます。地盤問題が原因で工事が進まないのは初耳でした!しかも食パン道付近まで!?まさに綾瀬川沿いの土地ですね。確かに美園の土地は液状化が心配とかネットの掲示板とかで噂になっているのを見かけた気がします。しかしこの問題はなかなか解決が難しそうですね。。。。