浦和美園産婦人科ない問題~我が家の出産記録~

スポンサーリンク

我が浦和美園にはイオンのドクターランドや、今後順天堂病院なども建設され医療施設が充実しておりますが、まだ産婦人科がないんです!

浦和美園で出産する場合どこの産婦人科がいいのかしら?迷っている方々も多いようなので

我が家の出産記録を公開致します。

東川口産婦人科厚川医院

産婦人科は東川口の厚川医院に決定

妊娠が判明してから、産婦人科は東川口にある厚川医院に決めました。

理由は会社帰りに立ち寄れることと、私の実家へのアクセスがよかったことです。

東川口の駅から徒歩5分。駐車場も完備で目の前にはセブンイレブンもあるので便利です。

あと厚川医院はこのようにキッズスペースも充実しておりましたので、子供連れには大変助かります↓

浦和美園の産婦人科 厚川医院

我が家の場合は事情により帝王切開となる予定だったので、初診時にピンポイントで分娩日が指定されました。

その際に分娩申込書を書かされて、デポジットを5万円を支払います。

その後母子手帳交付後、月一度のペースで検診へ通いました。

出産2か月間前は2週間毎に。出産間近は1週間毎に

始めのうちは嫁さんが一人で車を運転して行きましたが、最後の方は私が有給をとって病院へ連れて行きました。

浦和美園から車で15分で行けます☆

出産日当日

私は仕事の休みをもらって付き添いに

手術前に先生から”当院は始まって以来一人の犠牲者も出さずに、、、”の説明がありました。

午前9時に病院へ行きましたが、当日は我が家の前に1本別の手術が入っていたらしく出産は15時くらいになるとのことでした。

という訳でまだだいぶ時間があったので、妻を病院に残し、上の子供を連れて外出しておりました。

13:50頃、妻から”今から手術始まります”と連絡があり、予定より早いなと思いながら再び病院へ

病院に到着したのが14:30くらい

わが子との感動の初対面の瞬間を動画撮影しようかと、待合室にて準備をしていたところ

camisa8さんお子様無事生まれましたよ!

と看護師さんが赤ちゃんを抱いてトコトコ出てきました。

私が到着したので気を利かせて見せに来てくれたのだけど、感動が。。。。。。

手術はものの30分程度で終わりました。さすが、ベテラン先生でしたので安心でした。

入院生活

部屋について

病院の2階半分が病棟となっており、アパートのような構造になっています。

4畳くらいのスペースで、各部屋に20インチくらいの液晶テレビとipadがついております。

ipadの中には患者さんを退屈しないよう、Youtubeや太鼓の達人などのゲームアプリが入っておりました。

しかもこの病院のWiFiはかなり早くて快適です。

部屋の中の電灯が少なく、全部つけてもあまり明るくないのが気になりました。

後ほど明細を確認すると部屋は一泊7000円するようでした。

ご飯が美味しい

ご飯はすごく美味しい(らしい)です。

入院生活において食事がしっかりしてるって嬉しいですよね☆

私は以前入院したことのある病院で、飛行機の機内食みたいなものを食わされかなり苦痛でした。

あまりに素敵な食事だったので、嫁さんが感動して写真に残しておりました。

病棟に献立表があり、どれもおいしそうなメニューばかりでした↓

ベテラン看護師のおばちゃん多し

若い子がいません。熟年看護師さんが多いので安心できます。

ただ面会へ行ってもあまりテンションがあがりません。

セキュリティ大丈夫?

面会時間は朝9時から夜10時まででした。会社帰りでも余裕で面会へ行けます。

ただ病院の営業時間外に面会に行く場合、裏の専用の出入り口から出入りすることになるのですが、特に受付もチェックもなく

誰でもいつでも出入り出来ちゃうので、セキュリティ大丈夫か?と思ってしまいました。

洗濯物ができない

およそ一週間の入院生活となるので、病院にて洗濯できるのだろうと勝手に思っていました。

しかし病院で洗濯することはできません

嫁からの要請を受けて、私は一度だけ洗濯物を回収し、駅前のコインランドリーまでパシりました。

大型コインランドリー マンマチャオ戸塚東店↓

出産にかかった費用について

出産にかかった金額は、総額で58万円でした。

このうち出産一時金から42万円が支払われ、さらに初診時にデポジットとして5万円払っているので

退院時に支払った金額は11万円くらいでした。多めの現金が必要です。

あと帝王切開などにより、高額医療費申請した場合、退院3~4カ月後に還付金があります。

私の会社の健康組合の場合、特に自分で行う作業はなく、全部会社の総務がやってくれました。

結果8万6千円ほど戻ってきました!(家族高額医療費3万2千円と家族療養費付加金5万千円)

最終的に自分で払ったお金は11万-8.3万=2.7万円くらいでした

出産後の手続きについて

出産したら直ぐに役所へ手続きを!と焦らなくても大丈夫です。

奥さんが退院した後でゆっくりと行いましょう。

我が家の場合下記の手続きを行いましたが、やるべき順番と申請する場所をまとめました↓

<緑区役所(土日可)>
① 出生届

<美園支所(平日のみ)>

② 母子手帳に区長の印
③ 児童手当申請
④ 乳幼児医療費助成申請
⑤ 住民票<勤務先>
⑥ 健康保険の加入

まず最初に出生届の提出。病院を退院する時にもらえます。

出生後2週間以内に区役所へ提出しなければなりませんが、緑区役であれば土日でも夜間でも対応してます。

あまり緑区役所へ行く機会のない人の為に↓浦和美園駅から車で20分程度です。

次に母子手帳に区長の印をもらわなければなりません。この作業は土日不可だったので、休みをとって平日に美園市役所で済ませました。

ちなみに厚川院は川口市なので、さいたま市で手続きできるのか?と問い合わせましたが、下記いずれかの場所の承認でよいそうです。

・「父母の住民票のある地域」
・「父母の本籍地」
・「出生地」

児童手当の申請乳幼児医療費助成の申請住民票の取得も同日に美園支所にて済ませました。

必要な書類は下記の通り↓

・印鑑
・免許証
・保険証(世帯主の)
・本人名義の通帳のコピー
・夫婦記載のマイナンバー通知書

児童手当は申請期限ありませんが、手続きが遅れると1か月分の手当てがもらえなくなる場合がありますので注意が必要です。

一か月分で15000円ですよ~

乳幼児医療費助成は病院にて無料で診察してもらう為の手続きですが、健康保険加入前でも手続き可能です。

ただし保険証番号を記入する欄があるので、保険証入手後に番号記入の為、再び役所へ赴く必要があります。(緑区役所にて土日)

住民票についは、健康保険加入の為、会社から取ってこいと言われて取りました。

ウチの会社の場合申請して3営業日くらいで保険証をすぐ作ってくれました。

あと帝王切開であった為、高額医療費申請もしたかったのですが、このあたりも会社病院間で手続きやってくれたので、私の方で行う作業は一切する必要ありませんでした。

ただしプロセスについては加入している健康組合に確認することをお勧めします。

 

以上我が家の浦和美園での出産記録をまとめみました。

浦和美園に早く産婦人科ができてくれますように!

 

 

 

コメント