ブラジル紙が史上最高金額で移籍した選手達でチームをつくる

スポンサーリンク

ブラジルのグロボ江スポルチが各ポジションの史上最高金額で移籍した選手でチームをつくった。

4-3-3のフォーメーションの攻撃的布陣だ!

 

 

ポジション名前移籍年チーム移籍金
GKケパ2018アトレティコ・ビルバオ

→ チェルシー

8000万ユーロ
DFワン・ビサカ2019クリスタルパレス

→ マンチェスターU

5500万ユーロ
DFマグワイア2019レスター → マンチェスターシティ8700万ユーロ
DFL エルナンデス2019アトレティコ・マドリード

→ バイエルン

8000万ユーロ
MFポグバ2016ユベントス → マンチェスターU1億500万ユーロ
MFジダン2001ユベントス → レアル・マドリード7750万ユーロ
MFコウチーニョ2018リバプール → バルセロナ1億4500万ユーロ
FWネイマール2017バルセロナ → PSG2億2200万ユーロ
FWエムバペ2017モナコ → PSG1億3500万ユーロ
FWジョアン・フェリックス2019ベンフィカ

→ アトレティコ・マドリード

1億2600万ユーロ

 

フランス人が4人もランクイン。

意外にもドイツ人は一人も入っていない。アルゼンチン人もいない。

11人中10人、っていうかジダン以外が現役選手かつここ3年以内での移籍。

ポジションごとなのでベイルやアザールやクリスティアーノロナウドやデンベレが入っていない。

ジダンが移籍したあたりの頃にカカーやベッカム等がスター選手が毎年移籍市場を賑わせて面白かった記憶がある。

しかし最近はテレビタレントと一緒で年々若い選手を知らなくなってきている。

世界の高額移籍金プレーヤーにも関わらず4人くらい知らない。

でもサッカーはやっぱ面白い!

コメント