やっぱインデックスが最強?投資信託の成績

スポンサーリンク

投資信託を買い始めたのはいつ頃でしょう?2016年頃かな?
当初は毎月分配型とかあれこれ買っていましたが、いろいろな本を読んだり話をきいたりするうちに考えが変わり
最近では下記4つに落ち着きました↓

・三井住友TAM-SBI資産設計オープン(資産成長型)
・レオス-ひふみプラス
・三菱UFJ国際-eMAXISバランス(8資産均等型)
・三菱UFJ国際-eMAXIS先進国リートインデックス
毎月定額積立にて育てています。
現時点のパフォーマンスはこんな感じです↓
投資信託
含み益は合計でおおよそ65万円程度となりました。
これまでの資産推移をグラフ化してみました↓
投資信託成績昨年の3月をボトムに徐々に回復するという、実に4本とも見事に同じ動きをしています。

4つの中で最も投資のウェイトを置いているのがひふみプラスです。
ひふみプラスは有名なアクティブファンドですが、実は足元で23.4%と4つの中で最もパフォーマンスが低いです。アクティブ投資運用とは、目標となるベンチマークを上回るように運用して成果を上げることを目指す運用手法の事です。

反対に4つの中で最もパフォーマンスが優れているのが、eMAXIS先進国リートインデックス35.9%です。(オミクロン株が出現する前の先月は38.1%でした)
という訳でやっぱりコツコツとインデックスを積み立てるのが最強という気がしてきました。
積立額をひふみに月2万円くらいに設定してますが、今後インデックス寄りにウェイトを置こうと思います。

コメント