十分儲けさせてもらったけれどもメキシコペソから一時撤退します

スポンサーリンク

外貨ネクストの口座にてメキシコペソを運用しているのですが、先日いったんポジションを全て決済しました。

損した訳ではありません。整理のための撤退です。

FXについては裁量による売買は行っておらず、ルールを設定して機械的に売買しております。

やっぱFXは自動売買に限ります↓

ループイフダン S20(EUR/USD)の実績
20代後半頃からFXやってます。 ループイフダンを始めたのは2,3年前からで、試しに30万円泳がせてます。 いろいろと試行錯誤しましたが、今やってるS20(EUR/USD)がようやくしっくりきました。 以前はB(EUR/J...

当初設定したルールに、試行錯誤でいろいろテコ入れしてましたが最終的に運用していたルールは下記の通り↓

・1ポジション=25Lot
・トラリピ手法で0.020pips刻みでIFD注文を仕掛けていく(決済毎の利益は¥500)
・最大保有Lotは250。つまり250Lot÷25Lot=10ポジションに働いてもらう
・含み損を抱えているポジションも累積スワップで評価損益を相殺できたら決済する

で約2年間の間ほったらかしにして稼いだ金額は下記の通りとなりました↓

2018年1月5,915
2月580
3月5,007
4月7,750
5月0
6月8,054
7月2,997
8月12,019
9月21,560
10月6,992
11月360
12月0
2019年1月490
2月0
3月0
4月11,232
5月500
6月0
7月0
8月0
9月0
10月728
11月457
12月432

合計で85073円です!

何もしないで8万円も儲けることができ、一見おいしい投資というように見えますが

今回いったん引き上げた理由を書いていきます。

メキシコペソを撤退した理由

ポジションをいったんリセット

今回獲得した利益をいくらの原資で稼いだのかというと。

ズバリ30万円を用意しました。

外貨ネクストによるメキシコペソの必要証拠金は1Lotあたりおよそ300円なので、250Lot持つとしたら75000円要ることになります。

もちろん75000円で250Lotものメキシコペソを運用する人はいませんが、証券口座に30万円あれば、2016年11月に記録した最安値4.878円になってもロスカットになることはありません。

エクセルシートにてちゃんと円高ペソ安となった際の証拠維持金を算出しました↓

メキシコペソ ロスカット計算

現在レート5.75円から0.25pps刻みに25Lotずつ10ポジション保有したとして、4.76円まで維持率100%を割らないはず!

という訳で30万円の原資によるリターンをみてみると

2018年の利益は71234円だったので年利23.7%

2019年の利益は13839円なので年利4.6%

数字としてはどちらも悪くないパフォーマンスですが、かなりばらつきありますね。

この手法だと相場によって、ガンガン稼げる時と全く利益が出ず停滞する時とで両極端となります。

2018年の9月はひと月で2万円も利益を出しましたが、2019年6月~9月の4か月間は利益ゼロでした。

いったんチャラにしてどこかで再出発したいと思います。

政策金利が下がってきている

なんといってもメキシコペソの良いところは高スワップ

なのですが直近3連続で政策金利が下がっているところが多少気になっています↓

メキシコペソ 政策金利推移

私は以前トルコリラで痛い目にあっており、新興国通貨の恐ろしさを体験しているのでいったん様子見です。

メキペソはトランプさんの影響も大きいので、今後ペソ安に動くのかペソ高に動くのか、見極めの上作戦立てたいと思います。

専用のFX口座で運用したい

一番の理由はこれです。

私の場合外貨ネクストでメキペソの他に豪ドルも運用しています。

すると証拠金がごっちゃになってかなり管理がしづらくなるんですよね。

なので別の証券口座を開設してそこでメキペソを運用していきたいと思います。

コメント