P-one wizカード最強説【還元率最低で1.7%】

スポンサーリンク

クレジットカードは複数毎所有してますcamica8です。

複数毎所有しておりますが、メインはポケットカードのP-one Wizカードを愛用しています。

たいていのことはこれで支払いをするので、2018年なんかの年間使用額は200万以上でした。

2016年から使い始めていますが、今までで総額600万以上は使っていると思います。

Poneカード

P-oneカードとはポケットカード株式会社が発行するクレジットカードです。

そもそも社会人になって以来、同社の発行するP-oneカードブルーというものを使っていました。
ところがこのP-oneカードブルーというカードが、改悪により還元率が悪くなってしまったのです。

そこでたまたま雑誌を見て知ったのが新しいP-one Wizカードでした。

それではP-one Wizカードの魅力について話していきます。

 

 

P-one Wizカードの高還元率

P-one WIZカードの特徴として、支払いを行うと請求額が自動的に1%OFFとなります。

つまり1万円をP-oneカードで支払ったとすると、後日請求額は9900円となるのです。

これだけで還元率は1%ですね。

更にP-oneカードは1%自動OFFの他にポイントもつくのです。

1000円ごとに1ポイントがつきます。

えっ、1000円買い物してたった1ポイント?

と思いきや、実はこのポイント、1ポイントにつきTポイント5円分と交換できるのです。

つまりは1000円の買い物でTポイント5円分、すなわち還元率は0.5%です。

そして更にP-one WIZカードの賢い使い方をします。

交換したTポイントカードをドラッグストアのウエルシアで使うのです。

ご存じ、ウエルシアでは毎月20日はお客様感謝デーでTポイントの価値が1.5倍になります。

1000Tポイントで1500円分の買い物ができます。

ですのでポイントの還元率は0.5%×1.5倍の0.75%

総合的に1%+0.75%=1.75%がP-one Wizカードの実質還元率になります。

ちなみに浦和美園から一番近いウエルシアは東川口店です。

世の中のクレジットカードの平均還元率は0.5%だそうです。

つまりP-one Wizカードは平均の2倍以上パフォーマンスを発揮するのです。

 

 

P-one Wizカードの注意点

一つ注意しなければならないのがP-one wizはリボ払い専用カードだということ。

このリボ払いっていうのを自身一度も使ったことはないのですが、分割払いにすると何やら手数料が発生するらしい。

なので要らない手数料を取られないようにする為に、初期設定で引き落とし額を全額にしてしまうのです。

一括払に設定可能なので結局は一般のクレジットカードと同じ使い方ができるという訳ですね。

年会費はもちろん無料です。※ 全額コースへの切り替え方法はこちら

あと他クレカと比較したデメリットとしてP-oneカードには海外・国内旅行傷害保険の付帯サービスがありません。

私の場合その辺はサブで持ってる楽天カードがついてるんで大丈夫。

ネットで申し込んでから約3週間程で手元に届きました。

 

私はP-one Wizカードの他にイオンゴールドカードや楽天カード、東京メトロカードなどを所有しておりますが、それぞれシーンに分けて使い分けております。

コメント