若狭路トレイルランに出場してきた!

スポンサーリンク

若狭路トレイルラン2015に出場してきました

トレイルラン初挑戦です

若狭路トレイルランとは

毎年10月に福井県の小浜市らへんで開催されている大会で

キャッチコピーは”若狭の自然をわしづかみ!”だそうです

これは楽しそうだ♪

クラスは3つに分かれております

・ロングコース(約43km)
・ミドルコース(約32km)
・ショートコース(約15km)

初心者なので初めはショートコースと思いましたが15kmくらいではなんだか物足りない感じがするので

おもいきってミドルコースにエントリーしました

コース↓
若狭路トレイルランコース
当日富山から会場まで車で3時間

朝7時30までの受付だった為3時起きで向かいました

寝不足の上下痢という最悪のコンディションです

7時45分に開会式が始まりました

その時にきいたのですが今回の最年少出場者はなんと13歳だったそうです!

今回のミドルコースの出場者数は135人でした

8時にスタート!

ベテランランナーの方々は皆クマよけの鈴を携帯していたので集団で走るとチリンチリン鳴ります

スタート地点は海。そしてゴールもこの海へ帰って来るのです

出発して早速山へ入って行きました

始めは多少の登坂もジョグでグングン登っていきました

しかし途中からえげつない傾斜角度に代わっていきなり歩き始める

一番すごい所ではヒモを伝っていかないと登れないようなところもありました

何これ崖じゃん!

頂上まで辿り着いたら今度は下りです

下りも登り同様えげつない急斜面を降りていきます

下りは楽と思いきや、

勢いに任せて猛スピードで走れば必ず木にぶつかって死ぬか、つまづいて転倒して死ぬか、もしくはコースアウトして滑落して死ぬので

しっかりとブレーキをかけながらゆっくりと降りていきます。脚への負担半端ないです

山の中はやはり地面が凸凹だったり石ころが転がってたり、かなりの悪路の為一歩一歩の踏み場にも気を使います

レース中何度も足をくじきそうになりました

ミドルコースはそんなアップダウンを繰り返して山を4つ程超えます

私は個人的に登りがもうマジ無理でした

山の3つ目あたりからはもう10っぽ歩いては休憩の繰り返しでした

トレイルランを走りぬく為にはそれ用の脚力を作らないとダメですね

登りではふくらはぎ、下りではブレーキをかける為腿の筋肉を使います

マラソンのようにただランの練習だけじゃなくしっかり山登りの練習もしなきゃ
勉強になりました

エイドステーションについて

コースの中で山のてっぺんやふもとにエイドステーションが設けられています

ミドルコースでは第5エイドまであったかな?

各エイドステーションで水分補給、栄養補給が行えます

今でも印象に残ってる

第3エイドにあったへしこのおにぎりが美味しかったー

へしこというのは鯖に塩を振って塩づけにし、さらに糠漬けにした郷土料理なのだそうです

給水用の水も日本の名水100に選ばれ地元の水を使っているとかいないとか

あと第5エイドにあった梅も最高に美味しかったです☆

まあ、疲れてたら何食っても美味しく感じるんですけどね

若狭は梅の産地であるらしくはちみつ漬けの梅やら減塩梅やらといろいろありました

実際若狭時トレイルランは”地元の食”を売りにしているようです

服装と装備について

今回私はポケットの中に飴玉2つと一口サイズのチョコレート3つ

たったこれだけの装備でレースに臨みましたが、各エイドステーションで水分栄養補給を行えるので、個人的にミドルコースくらいならこれくらいで丁度よいと感じました

服装について私は下はタイツの上にハーフパンツ

上はトレーニングウェアの上にウィンドブレーカーを着ていたのですが、なんとなくこのウィンドブレーカーが気に入らなかった!

登山は予想以上に汗をかいてウィンドブレーカーの下に着てたシャツが全然乾きませんでした

通気性の良い恰好で行けばよかったと後悔

あとは山の下りの際に全体重が足先に集中した為つま先がやられました

靴の中にクッション入れるとか対策もしとくと良いかも

コースの景色について

景色は最高に素晴らしかったです

多少の疲労も景色によって癒されます

山の上を走っていると木々から垣間見えるキラキラの若狭湾最高でした

のんびりと田んぼ道を走り、サラサラ流れる小川を渡り、泥んこ沼地を走り抜けました

山あり海あり谷あり川あり湖ありです

まさに大会キャッチコピーの通り若狭の自然をわしづかみでした!

でも景色に気をとられていて一歩間違えば滑落して終了する個所もあるんで気を付けてください

ゴール

記録は5時間40分台

ミドルの制限時間は7時間でしたのでなんとか失格にならず完走できほっと一息

一位の人はロングコースの42kmでも3時間くらいでゴールしたようです

人間じゃないですね

それにしてもこれはかつて味わった事のない疲労感でした

誰ですか、こんなスポーツを発明したのは?

もう3年分くらいの登山をやりきった感じです

今までやってきたスポーツの中で一番しんどかったかも
フルマラソン < 富士登山 < トレイルラン

ちなみにゴールするとお楽しみ券とやらがもらえ、本部でサザエフグ汁がもらえます
こちらも非常に美味でした♪

今月はハーフマラソンとトレイルランを走りました

次は何に出場しようかな考え中

コメント