車検の2回目の相場は?実際にかかった費用にびっくり!

スポンサーリンク

自動車税やら固定資産税の支払いやら、なにかと出費の多いこの時期ではありますが
今月は上記に加えて車検がありました。

我家の車は2013年式で初回の車検は2016年でした。
その時の費用が確か4万円くらいだったと思います。
車検はいつも10万くらいかかるものだと思っていたので、かなり安くて意外でした。
今回はその2年後の2回目の車検を受けてきました。


ちなみに我家は車は基本土日にレジャー目的でしか使用しておらず
年間走行距離も6,000kmくらいなので、そんなに激しく消耗しているという認識はありません。

近所のイエローハット浦和美園店さんに見積もりを依頼しました。

お店の人には予め”他店でもいくつか見積もりとって一番安い場所にお願いするつもり”と言ってますが、実際はとってません。
ハナからイエローハットさんにお願いするつもりですが、こう言っておけば少しでも安くしてくれるんじゃないかと期待してます。

待つこと約1時間半、見積もりの結果が出ました。
今回特筆すべき点としては
発煙筒の使用期限が切れていた為取り替え→¥800くらい
タイヤ2本すり減り、ヒビ有で取り替え→工賃込みで¥30,000くらい
ブレーキ周りメンテナンス→¥5,400くらい
自賠責保険2年間→¥2,5000

そして上記に車検基本料や法定点検料や事務手数料等を含めて合計でなんと¥12,6000でした
タイヤとか本当に替える必要あるの?とちょっとゴネてみましたがやっぱ12万円でした。
他サイトで調べてみると、2回目の車検の費用が初回よりも高くなるのは下記の理由があるそうです。

・自動車重量税
・メーカー保証
・部品交換

自動車重量税とは、適用期間中に新規登録等を行った場合、次回車検までの自動車重量税の減免措置が受けられるというエコカー減税制度というものがあり、2回目からは自動車税の額が通常に戻るので高くなるというもの。

メーカー保証とは、自動車部品の保証期間は3年~5年が一般的となっており、5年目の車検時には保証適用外となった部品に関してはユーザーの負担となってしまうのだそうです。

部品交換とは、上記のメーカー保証の部分と被りますが、5年目という時期がちょうど部品の交換の目安となる走行距離50000kmや使用期間3年に重なる為高くなるというものです。今回費用が高くなった理由はまさにコレですね。

 

やはり自動車の維持費には金がかかります。車検の出費はかなり痛いですね。
次回の車検は2020年6月の予定ですが、今回の見積もり額を自らの備忘として残しておきます。

 

更に2年後の3度目の車検はこちら↓

浦和美園で車検をしてみた
案外車は何でもいいcamisa8です。 実家から譲り受けたセダンを5年強乗っておりますが 今回浦和美園で3度目の車検に臨んて参りました。 前回は車検はイエローハットさんにお願いしました↓ 車検とは数年に一度に...

 

コメント