【かわいい先生がたくさん】レアジョブで英語が上達した体験

スポンサーリンク

TOEIC800点くらいのcamisa8です。

TOEICは人並のスコアはとれたものの、会話はあまり得意ではありません。

しかしながら仕事でどうしても英語が必要な為、ここ最近レアジョブというオンラインレッスンにて英会話の練習をしておりました。

約1年ほど続けたレアジョブの素直な感想を書いていきます。

かわいい先生は結構いる

以前DMM英会話も行ったことありますが、講師はセルビア人、英国人、ブラジル人と様々でした。

が、レアジョブの先生は全てフィリピン人です。

どうせ話すなら、ビジュアルのいい先生の方が確実にモチベあがります。

ってか逆に敢えて男の先生を選んだとして、夜な夜なおっさん同士がPCの前でオンラインで会話する姿とか嫌でしょう?

という訳で、私は100パー顔で講師を選んでいました。

講師検索のページで性別と年代を選ぶことができるので、”女性 20代”で検索すれば簡単に見つかります。(10代もいるよ)

レアジョブのかわいい先生

感覚としては100人中10人くらいはヒットするでしょうか。

更にビジュアルのいい先生は、熱心に教えてくれて性格も良い確率が非常に高いです!

きっと良い環境で育ったのが外面にも表れるのでしょう。

そして実際授業を受けて、内容もよかったらお気に入りに登録です☆

クソみたいな講師も結構いる

たまに連絡もなしにレッスンをすっぽかす輩がいます。

わざわざレッスンの為に時間を確保してPC前にスタンバイしている訳で、フラストレーション半端ないです。

私が経験したうんこ先生の例です↓

・寝そべりながらレッスンをする
・レッスン最中にうろちょろしている子供がカメラにちらちら映る
・子守をしながらレッスンをする
・ダイヤル回線?と疑いたくなるくらい通信環境が悪い
・こちらのリクエストを遵守しない(会話の中の間違いの指摘や、自己紹介省略など)
・ぺちゃくちゃと自分の事ばかりおしゃべりがとまらない。そもそも英語を教えているという自覚を持っていない
・全くやる気がない、やっつけでレッスンをしている

20回に一度くらいは、こうのような講師にあたることがありました。

おすすめのレッスンはフリートークでひたすら話す

レッスンの内容は、教材を使うか会話のみを行うか、事前に選ぶことができます。

教材はビジネスやトラベルなど様々なシーンに合わせたテキストが用意してありますが

私のように初心者がただひたすら会話力をつけたいのであれば是非、フリートークでレッスンをすることをおすすめします。

理由は後述しておりますが、やっぱ会話はアウトプットすることが大切だからです。ポルトガル語もそうでした。

ぶっちゃけ教材は先生がいなくても一人で勉強することができます。

それに1レッスンたった25分しかないので、テキストを読んでいる時間がもったいない。

それとレアジョブの変わった使い方として、例えば仕事で明日海外のお客さんの前でプレゼンを行うなんて時に、英語によるプレゼンのリハーサルさせてくれ!なんてリクエストも可能です。

 レッスンの予約がとりづらい

レアジョブのレッスンは完全予約制です。

しかし予約は1レッスンずつ。予約したレッスンを消化するまで次の予約はできません。

なので2レッスン続けて、1時間みっちり英会話の練習をするということができないのです。

(レッスンをしている最中に次の予約をするという裏技もありますが)

人気の先生はすぐにフルで埋まってしまうので、数日前から予約する必要があります。

実際レアジョブを続けてみた効果は?

週3回程度の頻度でゆる~く続けていましたが、効果は実感できています。

英会話は明らかに上達しました。これは間違いなく言えます。

私の場合レッスン中はできるだけアウトプットを増やすよう心がけており、それも上達した一つの要因だと思いますが

なによりも場数を踏むことで、自信を得ることができたのが大きかったと思います。

日常会話程度なら恐れずにできるようになりました。

やはり実践あるのみです。

レアジョブの裏事情~講師の給料や条件など~

フリートークの中で、あれこれとレアジョブのからくりについて聞いてみました。

レアジョブの先生になる為には?

週一からでもOK!学歴はあまり問われないようです。高校さえ出ていればOK

まずはWEBによる40~50問ほどのテストを行います。

内容は簡単な英文法などが問われるようで、これを95%以上正解する必要があります。

これをパスすると、レアジョブスタッフとスカイプによる20分程度の面接を行います。

これに合格して、晴れてレアジョブの講師となることができるのです。

レアジョブ講師の給料

講師のベース給は、2レッスン110ペソだそうです。(1レッスン=25分)

2020年1月現在で1ペソ=およそ2.1円なので時給230円です。

ざっと調べたら、フィリピンで国立大学を卒業した学生の初任給は2万ペソだそうです

仮にレアジョブでフルタイムで働いたとしたら、230ペソ×8h×22日=40480ペソです。

大卒初任給の2倍稼げる!これはみんなやりたがるでしょうね。

講師のインセンティブやペナルティについて

レアジョブ講師のベース給は時給110ペソですが

実績を重ねるとPremium tutorsにランクアップし、時給も160ペソ(340円)にアップします。

Premium tutorsになる為には、レッスン回数や生徒の満足度など、いろいろと総合的な条件があるようです。

また同じ生徒にリピートされてレッスンをすると、時給10%upのインセンティブもあるという話もききました。

お気に入りの先生がいたら是非リピートしてあげてください!

逆にレッスンをドタキャンしたり、カメラを使っていなかったりすると、-2%というペナルティもあるようです。

インセンティブやペナルティは毎月リセットされるとのこと。

レッスン後に講師はカメラを使っていましたか?ときかれるのはこの為です。

ちゃんと講師がモチベーションをもってレッスンを提供できるような仕組みになっているのですね。

講師は生徒をメモしている

一度レッスン中に”camisa8さんは以前ブラジルにいたのね?”と言われたことがあります。

あれっ、俺この人にそんな事話したっけ?と思っていたのですが、どうも講師は生徒情報のメモを持っているようです。

講師がレッスン中に聴取した情報をメモしており、これを他講師間で共有してます。

試しに私のメモをみせてといったら、このような感じでした↓

○○ 〇〇(本名) [Lesson Room – アカウント名] {Free Conversation}
– 年齢 y/o, works at a trading company

あくまでもベーシックな情報のみ。

パーソナルな情報は一切ない、と言っていましたが真偽のほどは定かではありません。

 

 

 

 

以上レアジョブを続けた率直な感想をかきました。

総じてレアジョブを始めてよかったと思います。

何十万円も払ってスクールに通うよりも、自宅で好きな時間に合わせて勉強することができ、費用対効果も比較的よかったと思います。

レアジョブを始めるならこちらから↓今ならキャンペーンやってます

コメント