南フランスへ新婚旅行へ行ってきた【5泊7日の旅】

スポンサーリンク

先日入籍をしまして東京で挙式を行いました。

そして会社から約2週間弱の休暇をもらい式後はハネムーンへ!

南フランスへ新婚旅行へ行って参りました

クラブツーリズム

『陽光輝くコートダジュールとプロヴァンス ニース3連泊/プロヴァンス地方2連泊/カルカッソンヌ観光/南仏5つの世界遺産 南フランス7日間』

というツアーに参加してきたので体験談を書いていきたいと思います^ ^

南フランス

私は実は親戚にフランス人がおりますので、パリへは行ったことがあります。

嫁さんも子供の頃にパリへ旅行で行ったことはあるそうです。

新婚旅行、長い休みをとって海外へ。どうせならばいったことのない国、例えばポルトガルだとかオランダだとかモルディブ等へ行きたかったのですが

かわいい街を訪れたい!という嫁さんの希望で今回南フランスの旅ツアーの参加を決めました。

旅程

5泊7日の旅程はざっくりでこんな感じでした↓

日時都市名スケジュール
1日目AM東京成田発
PMニースニース着
2日目AMニースニース市内散策
カンヌカンヌ市内散策散策
PMモナコ公国モナコ公国散策
エズ鷲ノ巣村エズ散策
3日目終日ニース自由行動
4日目AMマルセイユ散策マルセイユ散策
PMアビニヨンアビニヨン歴史地区散策
アルルアルル市内散策
5日目AMポン・デュ・ガールポン・デュ・ガール見学
PMカルカッソンヌカルカッソンヌ城壁内散策
6日目AMニースニース発
7日目AM東京成田着

1日目

朝8:40に成田空港第一ターミナル集合でした。

そこからスイスインターナショナルエアラインズにてチューリッヒ経由でニースへ向かいます。

11;10:成田発
15:50:チューリッヒ着
17:05:チューリッヒ発
18:15:ニース着

 

そして到着してすぐにニース市内のホテルにチェックイン。

メルキュールセンターノートルダムホテル(Mercure  Centre Notre Dame Hotel)でした。

2日目

ニース

朝からニース市内を散策します。

ニースの場所はおよそこの辺です↓

南フランス旅行 ニースの場所

ニース市内にあるサレヤ広場行きました!

観光客のみならず地元の人も訪れる朝市にはカラフルな露店が並び、日本ではみたことのない食べ物や植物等が並んでいて見ているだけで面白かったです☆ニース サレヤ広場

ニース サレヤ広場2

ニース サレヤ広場3

カンヌ

専用バスでニースからカンヌへ向かいました。

ニースからカンヌまでの距離はおよそ35km、所要時間は約1時間20分です。

ニースからカンヌ

パレデコングレで下車。有名なカンヌ映画祭が行われる場所です。カンヌ

 

レッドカーペット!

アラン・ドロンはカンヌ映画祭の会場の周りをうろちょろしてたらスカウトされ俳優になったそうです。
カンヌのレッドカーペット

 

いろいろなスターの手形が飾ってある。

イージーラーダーが大好きなのでデニス・ホッパー撮ったカンヌ デニスホッパーの手形

 

シルベスタスタローン
カンヌ シルベスタスタローンの手形

 

キャメロン・ディアスカンヌ キャメロンディアスの手形
他にも黒沢明等の手形もありました。

 

モナコ

続いて午後からは世界でバチカン市国の次に小さいモナコへ行きました!

カンヌからの距離はおよそ55km、所要時間およそ1時間20分です。

カンヌからモナコへ

 

モナコの街並み

 

ガイドさんの話によるとモナコの人口の約8割が外国人であり、生粋のモナコ人はわずか20%未満なのだそうですモナコの街並み2

 

移民が市民権を得るには申請後10年単位の期間を要する等非常に難関であるが、日本人では中田英寿伊達公子なんかがモナコに家を持っているのだとかモナコの街並み3

 

グレース・ケリーが挙式した教会等を見学しました。グレースケリーが挙式した教会

 

訪れた時は昼間でしたが、ここからのモナコの夜景は世界で3本の指に入る程美しいのだそうです。
そして真下に見える大通りが毎年5月に行われるモナコグランプリのスタート地点です!モナコグランプリのレース会場

 

モナコ王室御用達のチョコレート屋さん
ちょうどイースターの時期だったのでタマゴのチョコレートが多く売られておりました。
王室御用達とは言うものの、そんなに格式の高い感じではなく一般人でも普通に買い物ができます。モナコ王室御用達のチョコレート屋さん

 

エズ村

その後バスで約20分かけてエズ村へ。

モナコからエズ村へ

 

嫁さんが最も楽しみにしていたところ^ ^エズ村

 

別名鷲ノ巣村と呼ばれており、海抜400mの崖の上からの眺めは絶景です。別名鷲の巣村

 

中に入れば中世の世界に迷い込んだような錯覚が味わえるエズ村の中

 

3日目

サン・ポール・ド・ヴァンス

3日目は終日自由行動でした。

我々はニースのホテルからバスに乗り、1時間かけてへサンポールドヴァンスへ!

ニースからサンポールドバンスへ

 

サン・ポール・ド・ヴァンス

芸術家が集まる地で村の中には画廊がたくさん!
芸術家が集まる地 サン・ポール・ド・ヴァンス

お土産屋さんではこんなオシャレなアイテムも売っている
サン・ポール・ド・ヴァンスのお土産屋さん

サン・ポール・ド・ヴァンスの画廊

洒落たカフェで一息
サン・ポール・ド・ヴァンスのカフェ

遠くから見ると山の上にある要塞みたい
サン・ポール・ド・ヴァンスの景色

 

帰り道には、紺碧海岸のコートダジュールへも寄りました
コートダジュール

ニースの街の中心街マセナ広場
ニース マセナ広場

 

4日目

マルセーユ

翌日からニースを離れマルセーユ
ニースからマルセイユまでは約185kmあり、バスで3時間45分かかります。

ニースからマルセーユへ

 

フランスではパリに次いで2番目か3番目に大きな都市だそうだ
マルセーユ

 

教会からの街を一望
マルセーユの景色

 

この日は天気も良く、最高の港町を満喫できた
マルセーユの港

 

アビニヨン

続いてフランス南東部に位置するアヴィニョン

マルセイユから約100km、バスで1時間40分

マルセーユからアヴィニョンへ

アヴィニョン

 

世界史はよくわからないんだけど、かつて法王庁があったらしい↓
アヴィニョン 法王庁

 

有名なサン・ベネゼ橋
サン・ベネゼ橋

童謡「アヴィニョンの橋の上で」で世界的に有名なところです↓

 

アルル

続いてフィンセント・ファン・ゴッホゆかりの地であるアルルの街へ
アヴィニヨンからアルルへ

ゴッホの名作のモデルとなった舞台を何か所か見ることができました^ ^

”夜のカフェテラス”
アルル 夜のカフェテラス

 

”アルルの病院の庭”
アルルの病院の庭

 

”アルルの跳ね橋”
残念ながら当時の橋ではなく再建されたものらしい
アルルの跳ね橋

 

この日はアルルのホテルに宿泊しました。
ベストウエスタンアトリウムホテルでした^ ^

5日目

世界遺産のポン・デュ・ガールへ行きました。
アルルから約65km離れていて、バスで約1時間かかります。
アルルからポン・デュ・ガールへ

古代ローマ時代に使用されていた現存する水道橋だそうだ
ポン・デュ・ガール

 

水道橋の上を渡り、記念に通行証明書が貰えました☆
ポン・デュ・ガール 水道橋

証明書↓
ポン・デュ・ガールへ通行証明書

 

カルカッソンヌ

ポンデュガールから約3時間15分をかけ約230kmを移動し、午後にカルカッソンヌの古城に到着
ポン・デュ・ガールからカルカッソンヌへ

今回個人的に一番楽しみにしていたところです!
カルカッソンヌの古城

 

ヨーロッパ最大級の城塞が残るカルカッソンヌは、フランスでも有数の人気観光地で、「カルカッソンヌを見ずして死ぬな」という格言もあるのだとか
カルカッソンヌを見ずして死ぬな

 

抜群の雰囲気にもう気分はドラクエ♪
カルカッソンヌの要塞

 

城の中にはまたまた子供が喜びそうなドラクエチックなお土産がたくさん売ってました
カルカッソンヌのお土産

カルカッソンヌの古城群

 

帰りにバスでちょこっと寄ったミディ運河
なんだかよくわかんなかったけど世界遺産って言われたんでとりあえず写真撮っておいた
ミディ運河

その後再び225km/3時間15分をかけてアルルのホテルへ戻りました。

6日目、7日目

早朝にアルルのホテルを発ちます。

そして午前中のうちにニース空港から出国。

11:40:ニース発
12;00:チューリッヒ着
13:00:チューリッヒ発
翌8:55:成田着

いや~あっという間に終わった5泊7日のツアーでしたが十分満喫することができました!
フランスは2回目でしたが本当にいい国です
何より治安が良い!一眼レフを片手に写真がバシャバシャとれるなんてブラジルでは絶対に無理です

費用について

旅行代金はおよそ55万円弱でした。

これにお土産代などの実費を含めても、使った額の合計は60万円いかなかったと思います。

ヨーロッパへ大人2人で5泊、妥当な金額じゃないでしょうか^ ^

コメント